MENU

返済負担を軽くしたい!低金利でお金を借りるための色々な方法

国や自治体からお金を借りる

生活に困窮していたり、教育や事業目的でお金を借りるときなどは、国や自治体からお金を借りることができる場合があります。生活支援として経済困窮者に対する低利の融資を用意している自治体は多いですし、日本政策金融公庫の提供する教育ローンを利用すれば教育資金を低金利で借りることができます。産業振興や地域振興を目的に、新規に事業を起こす人を対象にした中小企業向け融資なども自治体それぞれ独自に行っています。自治体の融資に関しては、それぞれの地方自治体ごとに制度が異なるので、利用できる制度が無いかどうかチェックしてみましょう。その自治体に居住していなくても、勤務先の所在地だったり会社を設立する予定の自治体であれば、支援融資制度を利用できる可能性があります。

 

銀行カードローンを利用する

消費者金融のキャッシングはお金を借りるのに便利なサービスですが、金利は高めです。低金利でお金を借りるなら、銀行カードローンを利用したほうがお得です。銀行カードローンは、運営母体が銀行のため、利用審査基準が厳しめに設定されています。その代り、審査に通過することができればキャッシングよりも低金利で使途が自由なお金を借りることができます。

 

生命保険の契約者貸付制度を利用する

掛け捨てでない生命保険に加入している方であれば、生命保険の契約者貸付制度を利用して低金利でお金を借りることができます。自分の保険の解約払戻金を担保にする形で生命保険会社から低金利でお金を借りる仕組みですが、予定利率に1~2%程度の金利を上乗せしたするので契約内容によって利息は異なります。大切な生命保険を解約せずにお金を借りることができるので、生命保険加入者の方には低金利で利用できる便利な仕組みです。返済方法も柔軟に決められるので、返済しやすいのも大きなメリットです。契約者貸付制度が利用できるかどうかは、生命保険の種類や契約内容によって異なります。場合によっては貸付制度が契約内容に盛り込まれておらず、利用できないこともあるので注意してください。

 

利息ゼロでお金を借りる

究極の低金利といえるのが、利息ゼロでの借り入れです。親や親せき、友人・知人に頼みこんで金利ゼロでお金を借りる方法もありますが、必ず借りられるという保証はありませんし、たとえうまくお金を借りることができたとしても、今後の人間関係にひびを入れてしまう可能性があるのでおすすめできません。金利ゼロでお金を借りることができる便利なサービスは、消費者金融会社が提供する一部のキャッシングで実施されています。借入限度額や借入期間に制限はあるものの、上手に使えば金利負担ゼロでお金を借りることができます。

 

新生銀行カードローンのレイクでは、30日間無利息または5万円まで180日間無利息という二種類の無利息ローンを提供しています。はじめての利用者のみが対象になりますが、契約日の翌日から30日間無利息でキャッシングが利用できますし、5万円までの借り入れなら180日間無利息でキャッシングを利用することができます。

 

新生銀行グループのノーローンは、なんどでも1週間無利息キャッシングが利用できることで有名です。借入日の翌日から7日間は無利息で利用できますし、借入金の完済日の翌月以降にも1週間無利息でお金を借りることができます。毎月1週間だけお金を借りて無金利期間内に返済できるのであれば、まったく金利を負担することなく毎月お金を借りることができてしまいます。

 

急にお金が必要になった時の心構えと借り方

借りるために必要な書類などは?

お金を借りるために必要になってくるのはローンの申込書と身分証明書、そして収入証明書です。基本的に安定した収入があることがお金を借りるための第一条件ですので、収入証明書は必ず必要になります。ただし、最近は業者によって異なりますが300万円程度の融資までは収入証明書が不要の業者もありますから、借りる金額によっては証明書が必要ないとゆう場合もあります。そういった審査を簡易審査と言いますが、簡易審査の場合には、早い場合には数分で審査完了、即日融資も可能になっている所が多いので、急いでお金が必要な場合には非常に便利なローンだと言えます。即日融資は消費者金融、銀行共に行っていますから、自分の便利なほうを利用すればいいのではないでしょうか。300万円を超える融資が必要な場合には証明書は必須ですし、審査も時間がかかりますから自分がどのくらい融資が必用なのかで用意する書類は変わってきます。もちろん勤務先への連絡もありますから、書類提出時に虚偽の記載をしていた場合には審査は通りませんから正しい内容をきちんと記載するようにしましょう。

 

審査の内容の違いは?

消費者金融と銀行の場合、基本的な審査内容はほぼ同じですが、大きく違う点が1つあります。それは総量規制の対象となっているのかそうでないのかです。総量規制とゆうのはお金の借り過ぎを防ぐために国が導入した規制で、年収の三分の一を超えるお金は借りることが出来ないとゆう仕組みです。この規制に該当するのが消費者金融での融資額です。例えば、年収300万円の場合は融資額は100万円までとなります。すでに他の消費者金融から70万円借り入れがあった場合、年収の三分の一までの融資しか受けられませんから新たに消費者金融から借り入れが出来るのは30万円までとなります。しかし銀行のカードローンなどの場合は総量規制の対象になりませんから、消費者金融ですでに限度いっぱいの100万円まで借り入れがあっても、銀行からは借りることが出来るわけです。

 

これは総量規制が貸金業のみに適用される法律のため、金融機関である銀行は対象外になるわけです。ですからお金を借りる際に自分の現状を把握して、銀行のカードローンを利用したほうが良いのであれば銀行を、消費者金融でも大丈夫なら消費者金融を利用すればいいのではないでしょうか。

 

金利面は?

金利の面では銀行のカードローンのほうが多少安い場合がありますが、消費者金融との差が非常に大きいとゆうわけではありません。300万円程度の融資であればほぼ金利は変わらない場合が多く、融資金額が多い場合には銀行のほうが金利が安い場合が多いようです。

 

ただ、銀行のカードローンによっては利用できるATMが銀行専用のものしか利用できないといった場合もあるので注意が必要です。しかし例外もあり、ネット銀行などはコンビニのATMで引き出せますから大丈夫だと思います。消費者金融の場合はコンビニのATMと提携している場合がほとんどなので、365日24時間いつでもお金を引き出せ、返済もできるので非常に利便性は高いと言えます。

 

自分のライフスタイルや借入額に応じて銀行と消費者金融を上手く使い分けするのも、上手な借り入れ法ではないでしょうか。もちろん無理のない借り入れが基本ですから、その点を一番重視して借り入れを行いましょう。

 

お金を借りるならカードローンがおすすめ

お金を借りるのはどこがオススメ?

お金を借りると一言で言っても銀行や消費者金融、身内など色々借入れ先はあるものです。親や友人から借りれば金利はつきません。しかし、その後人間関係がぎくしゃくしたりとトラブルの元になりかねません。そうなると借入れ先というのは金融機関に自然になってしまいますよね。銀行から借入れる場合ですが、住宅ローンや目的ローンなどは使い道が決まっています。しかし、銀行や消費者金融が扱っているカードローンというのは使い道をはっきりさせなくても借入れる事が出来る事がおすすめのポイントになっています。お金を借りる時におすすめのなのはカードローンだと言えるでしょう。次にカードローンのメリットについて紹介していきます!

 

5つのカードローンのメリットをについて

金利は高くないの?

カードローンと聞くと金利が高そうに思われがちですが、総量規制というしばりが数年前に出来てからは厳しく金利の上限が法律で決められています。法外な金利を取られるような事はありません。最大実質年率でも18%台というのがほとんどです。金利は借入れが多くなればなるほど低金利になるように設定されています。

 

申し込みが大変なのでは?

お金を借入れるのに申し込みが大変だというイメージはつきもの。しかし、カードローンの場合、キャッシングサービスによっては身分証明程度の書類しか必要ありません。住宅ローンの場合、役所に行って印鑑証明や収入証明などを揃えなくてはいけません、カードローンの場合は最悪、勤務先でもらえる給料明細等を提出すれば、役所などに行って書類を発行してもらう必要はありません。また、借入れ先に出向かなくてもネット上でスマホでも申し込めるシステムをほとんどのカードローンで行っています。家や会社にいながらでも申し込みが出来ます。忙しい人にはすごく支持されているサービスです。審査が通れば借入れたお金を瞬時に自分の口座へ振り込んでもらったり、カードを使ってコンビニから引き出したり出来るのも便利。ネット銀行に口座を持っていれば1分程度で振り込んでくれる会社もあるんですよ。急いでお金が必要な時にはすごく助かるサービスですよね。

 

担保や保証人も必要無し

お金を借りるとなると担保や保証人が必要というのが常識でした。しかし、カードローンの場合はそういったものは必要ありません。カードローンは無担保無保証人で利用することが可能です。保証人を探すのは本当に大変です。誰だって保証人になるのは絶対避けたいもの。断られる事がほとんどでしょう。保証人がなくても申し込めるというのは借りる人に取っての大きなメリットと言えます。

 

返済方法も選べて便利

通常のローンの返済の場合は自分の銀行口座から自動引き落としという方法しか選べません。でも、カードローンの場合は自動引き落としの他、コンビニや銀行、ショッピングセンターに設置してある提携ATMからの振り込みや、ネットから返済をする事も契約カードローンの店頭窓口で直接返す方法など色々な方法から自由に選ぶ事が出来ます。自分の生活スタイルに合わせて返済出来るというのは嬉しい事ですね。

 

早く返せばそれだけ利息も安く

カードローンの場合利息の計算は日割りになっているので一日も早く返済すればそれだけ利息は少なくて済みます。例えば今月はちょっと余裕があるなと思ったら、多めに返すという事もできます。通常の返済に加えて返済を多めにすればそれだけ返済期間は短くなります。返済期間が長ければ長い程利息は嵩むので返済方法が選べるのは便利ですよね。

 

お金を借りるなら安心の銀行カードローン!

銀行が運営するカードローンは様々な会社によって様々な特典があります。それらを踏まえたうえで、おすすめの銀行を3つご紹介したいとおもいます

 

三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】

最短即日利用可能

即日利用可能と聞いても珍しく感じない方もいるかもしれませんが、バンクイックは三菱東京UFJ銀行からの借り入れとなるので、銀行から即日借り入れすることが可能というのはかなりの迅速な対応です。審査にかんしては、インターネットを使うと最短30分くらいで申請する事が可能です。

融資の利用目的が不問

何に対して使うのかなどの質問が一切ありません。必要である場合、案件に応じて申請しなくてはいけませんし、申請間隔が短く度重なると貸してくれない事もあります。そういう点でいえば、不問である分、必要な額だけまとめて借りる事が出来るのは大きなメリットです。

バンクイックカードが便利

バンクイックは大手銀行である強みをいかし、三菱東京UFJ銀行のATMだけでなくコンビニATMでも簡単に借り入れと返済が可能。土日祝日でも対応してもらえるので、とても助かります。

 

新生銀行カードローン【レイク】

レイク最大のメリットは、無利息期間サービス

レイクは、180日間無利息や、30日間無利息というサービスを展開しています。

 

この期限内に返せるのであれば、利息は0円、つまり払わなくていいわけですから利用しない手はありません。無利息期間中に、所定の範囲内で追加融資を更に無利息で受ける事もできます。180日間無利息に関しては、5万円までという制限があります。これをきくと、必要な金額はこれを越すから意味がないなとおもう方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえば8万円借りたとしても、このサービスを使った場合、5万円分は180日間無利息となるので、利息は実質3万円にかかるもののみなので、かなりお得です。

セブン銀行のATM手数料が無料

提携銀行であるセブン銀行のATM手数料は無料となります。セブン銀行とはつまり、セブンイレブンでのサービスとなりますから、とても便利です。

 

オリックス銀行カードローン

提携ATMの数が非常に多く、手数料も無料

オリックス銀行の提携ATMは、全国に8万台近くあります。三井住友銀行、ゆうちょ銀行にはじまり、、コンビニATM(セブン銀行、E-net、イオン銀行)などとも提携しており、出金・入金ともに手数料が無料です。一般的な消費者金融カードローンの手数料が常に、100円~200円程度(税抜き)を毎回撮る事を考えると頻繁に利用する可能性があるほどお得です。

来店不要で申し込みOK

上記のとおり、提携ATMが多いの加えて、更にネット申し込みで来店不要となるので、この組み合わせによりオリックス銀行は素早い審査と利便性を両方兼ね備えています。このことを踏まえると、地方在住の方で、銀行などに出向くのが大変な方にこそ、オススメの銀行と言えるでしょう。とにかく家の近くにコンビニやゆうちょ銀行があれば、取引がスムーズに進行するというわけです。

 

大学生がお金を借りるときに覚えておきたいこと

大学生活は何かと出費がかさむもの

大学生にもなればゼミの飲み会や友達との旅行、恋人とのデートなどで何かとお金が必要になるものです。授業の合間を縫ってバイトをしていても、出費がかさむ時期になればバイト代が入る前に支払いに迫られることも少なくありません。 どうしてもお金の都合が説かないときの最終手段が、借金です。月々の収入を考えたうえで計画的に利用すれば、お金を借りてやりくりしていくのも一つの方法です。賢く利用すれば、より豊かな大学生生活が遅れるでしょう。今回は、大学生がお金を借りるときに覚えておきたいことと注意点について解説します。

 

学生OKのプロミスを利用する

学生向けローンとして特別なプランを用意していない業者でも、審査基準を満たしていればキャッシングを利用することは可能です。 大手キャッシングのプロミスは、利用審査の基準さえ満たしていれば、学生でも問題なくキャッシングサービスを利用することが可能です。審査の基準は「20歳以上であること」「定期収入があること」の2点が重視されます。つまり、大学生でも20歳以上でアルバイトの定期収入があればお金を借りることができるのです。勤続年数が長ければそれだけ有利になりますし、収入が多ければ信用度は高まります。また、プロミス独自のサービスとして、初回利用に限り30日以内に全額返済すれば無利息で利用可能となっています。ポイントサービス加入が条件ですが、お得なポイントがたまるサービスなので、加入して損はありません。

 

学生OKのアコムを利用する

大手消費者金融業者アコムの提供するキャッシングサービスも、学生利用OKなキャッシングです。アルバイトなどで定期収入がある20歳以上の学生であれば、一般利用者と同様の手続きでキャッシングサービスでお金を借りることができます。学生がキャッシングを利用する時に気になるのが、周囲にキャッシング利用がバレてしまわないか、という問題です。アコムは利用者保護の観点から配慮が行き届いており、勤務先への在籍確認も情報漏れが無いように十分に配慮をして電話をしてくれます。キャッシングの在籍確認と直接勤務先に話すようなことはないので、会社バレの心配はいりません。通知などが封書で送られてくるときも、差出人名はアコムではなく「ACセンター」というパッと見ではわからない名前で送られてくる配慮がされています。ただし、返済が遅れれ督促の手紙や電話が来てしまいます。そうなると親バレの可能性は高くなってしまいますから、絶対に返済に遅れないようにすることが重要です。

 

生協は大学生の見方

大学生になると、学生生協に加入される方も少なくありません。生協というと学食や学内の販売店というイメージですが、実は生協の提供しているサービスは非常に多岐にわたり、大学生としての生活を強力にサポートしてくれる頼もしい存在なのです。例えば、自動車学校で免許を取得する場合、入学金や講習料金で数十万円程度のお金が必要になりますが、影響を通じて申し込むと生協独自の免許ローンを利用できます。免許取得費用を借りて免許をとることを優先してローンを分割で返済していけば、選択できるアルバイトの幅も広がります。生協で利用できるローンはその大半が生協の商品・サービスの購入目的に限定されていますが、生協の扱う商品・サービスは非常に多岐にわたるので、うまく活用すれば非常にお得なローンです。金利も10パーセント前後と低いものが多く、大学生の強い味方になってくれるローンです。

 

お金を借りるの前に見ておくと参考になるサイト

即日融資でお金を借りるならこちら

お金を借りるならおすすめのカードローンを一発検索できる検索機能のある人気情報サイトです!

 

モビット在籍確認の魅力

カードローンの審査の際の勤め先への電話連絡に抵抗がある方は勤め先への電話での在籍確認の無いモビットの利用を検討してみよう!詳細はサイトをご覧ください。

更新履歴