ロスミンリペアクリームホワイトの特徴や口コミをご紹介!

年齢とともに気になってくるシミやシワ、できればすぐにでも食い止めたいですよね?このような肌トラブルを改善するためには栄養素をきちんと摂ることも大切ですが、適切な化粧品でのケアも必要です。

今回は、テレビ番組でも紹介されたロスミンリペアクリームホワイトをご紹介していきますが、気になるのは「本当に効果があるのかどうか?」という問題でしょう。

こちらの記事では、ロスミンリペアクリームホワイトの特徴や、実際にこの製品を使用した方の口コミをご紹介していきますので、製品の購入をお考えの方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

ロスミンリペアクリームホワイトってどんなクリーム?効果は?

ロスミンリペアクリームホワイトには2種類の有効成分と5種類の保湿成分が配合されています。それではまず、こちらのクリームに配合されている成分の特徴についてご紹介しますので、製品を購入する前に確認しておきましょう。

ロスミンリペアクリームホワイトの配合成分

アルブチン

コケモモやナシなどの葉に含まれる成分で、αアルブチンとβアルブチンに分類されています。

このうち、厚生労働省に医薬部外品としての認定を受けているのはβアルブチンで、メラニン色素の生成にかかわる酵素・チロシナーゼの働きを阻害することから、美白に役立つ成分とされています。

β-アルブチンは、シミ・ソバカスの原因物質であるメラニン色素の生成を抑制する美白成分として使用されています。β-アルブチンは、ウワウルシといわれるツツジ科のハーブに含まれる一成分として知られています。

シミ・ソバカスは、太陽光の中の紫外線やストレス・大気汚染などにさらされることで肌の中で活性酸素が発生し、メラノサイト(色素細胞)内でチロシンが酵素チロシナーゼの働きでメラニン色素に変換されることにより発生します。

β-アルブチンは、メラノサイト内で酵素チロシナーゼに直接作用しメラニン色素の生産を抑制することにより、美白効果を示すと言われています

引用:MITSUBISHI CHEMICAL βアルブチン

トラネキサム酸

炎症を誘発するプラスミンという物質の働きを抑える性質を持った成分であるため、抗炎症薬や抗アレルギー剤として医療の現場で広く用いられています。

さらに、メラニンが生成される際の伝達物質・プログランジンE2の働きを抑える働きもあるため、近年ではこの成分を配合した美白化粧品も増えてきました。

なお、トラネキサム酸は肝斑改善成分としてよく知られていますが、紫外線によるシミの予防効果も期待できます。

美白有効成分『トラネキサム酸』とは、トラネキサム酸は抗プラスミンを有するアミノ酸の一種で、薬理作用として抗アレルギー・抗炎症・抗出血作用があり、主に内服薬(医薬品)として用いられています。

肝斑に対する有効性も確認されており、肝斑治療の第一選択薬として広く知られています。

医薬部外品では資生堂が美白有効成分として開発とし、2002年に厚生労働省から承認された成分です。

紫外線によるメラニン生成の情報伝達物質であるプロスタグランジンE2の生成を抑制し、メラノサイトでのメラニン生成を抑制する効果があり、シミ・ソバカスを防ぐ(美白)目的で有効成分として用いられています。

②トラネキサム酸は、もともと肌あれ改善の医薬部外品有効成分でもあります。

実は、シミのある部分では、皮膚内部で慢性微弱炎症が起こっており、血管拡張により赤みが目立つことがあります。トラネキサム酸はその作用により肌の赤みに働きかけます

引用:有楽町皮膚科

スクワラン

天然由来の保湿成分で、表皮に薄い被膜を作る働きをします。表皮の角質層の隙間には角質間脂質のセラミドが存在しており、花粉などのアレルゲンやほこりなどの侵入を阻止しています。

そして、過剰な洗顔や保湿不足などによってセラミドが失われると、アレルゲンやほこりなどによるアレルギー症状や肌荒れが起こりやすくなります。

そのようなとき、スクワランで皮膜を作っておけば外部から刺激物の侵入を防げることになるのです。

リムナンテス

表示名がメドウフォーム油となっている天然由来のオイル成分で、リムナンテスという植物が原材料となっています。

この成分もまたスクワランと同様に皮膜を作る働きがあり、お肌の保湿に一役買ってくれます。

ウメ果実エキス

ウメ果実に含まれるムメフラールという成分には、お肌の糖化予防や保湿効果を期待できますので、エイジングケアを行いたいという方には特におすすめできる成分だといえるでしょう。

シルバーバイン果実エキス

日本でもよく知られている「マタタビ」の抽出エキスで、血行不良の改善や糖化予防効果を期待できます。この成分もまた、エイジングケアを意識する方におすすめできる成分です。

チンピエキス

ミカン植物・タチバナの果皮の抽出エキスで、非常に強い抗酸化作用があることから、肌細胞の老化予防に役立つといわれています。

さらに、メラニン色素の生成を阻害する働きによるシミ予防効果も期待できます。

なお、ロスミンリペアクリームはどのような化粧水や乳液とも併用することができるというメリットがありますので、朝晩2回のケアだけでなく、夜のお休み前のケア用として用意しておいてもいいかもいいかもしれませんね。

ロスミンリペアクリームホワイトに期待できる効果

ロスミンリペアクリームには素晴らしい美白成分やエイジングケア成分が配合されていることがわかりました。しかし、ここでひとつだけ注意していただきたいことがあります。

それは、アルブチンとトラネキサム酸の効果です。

これらの成分に美白効果を期待できることは確かなのですが、これらの成分には、すでにできてから年数が経過しているシミや、紫外線の影響を受けて色素が濃くなったシミ改善効果はあまり期待できません。

アルブチンやトラネキサム酸は、シミの元に先回りしてメラニン色素の生成を抑制する働きがありますが、それはできているシミを薄くするということではなく、あくまでもシミ予防に留まるということなのです。

シミを薄くしたいという思いからロスミンリペアクリームの購入を検討している方にとって、これは残念なお知らせかもしれません。しかし、実際に製品を購入してからこの事実を知るほうが、受けるショックが大きいのではないでしょうか。

とはいえ、ロスミンリペアクリームでケアを開始しておけばメラニンの働きを抑えることができますので、シミの増加は防ぐことはできます。

また、保湿成分やエイジングケア成分もたっぷりと配合されていますので、シワに関しては予防だけでなく改善効果も期待できるでしょう。

ロスミンリペアクリームの購入をお考えの方は、このような製品の特徴をきちんと理解した上で、慎重に購入を検討してみることをおすすめします。

ロスミンリペアクリームの口コミをご紹介!

それでは、実際にロスミンリペアクリームを使用した方の口コミをご紹介しましょう。

良い口コミ

悪い口コミ

SNS投稿サイトではロスミンリペアクリームの悪い口コミが見つかりませんでしたが、個人ブログなど確認してみたところ、以下の口コミが見つかりました。

  • 2週間程度の使用ではエイジングケア効果を実感できない
  • クリームが濃厚すぎてすぐにはメイクできない
  • お肌につけたらヒリヒリ感や赤みが起こった

ごく少数ではありますが、このような悪い口コミが見つかりました。

ロスミンリペアクリームに配合されている成分は低刺激性で、しかもパラベン、香料、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、アルコールは配合されていませんので、アレルギー反応や肌荒れは起こりにくいと考えることができます。

しかし、肌質によっては合わないこともあるようです。特に敏感肌やアレルギー肌の方は使用前にパッチテストを行って、お肌に異常が現れないことを確認してから使用する必要があるでしょう。

ロスミンリペアクリームはどこで買えるの?

ロスミンリペアクリームは、アマゾンやヤフーショッピング、楽天などでは購入することができず、公式オンラインショップのみで購入することができます。

公式オンラインショップというと「回数の縛りがあるのでは?」と不安になるかもしれませんね。しかし、こちらからの購入では、お得な定期購入で申し込んだとしても2回目からのお届けを止めることができます。つまり、事実上回数の縛りがないということですね。

ただし、次回のお届け予定日の10日前までに連絡を入れておかないと2回目の商品が自動的に配送されてきますので、この点にだけは注意を払う必要があります。

まとめ

ロスミンリペアクリームは、エイジングケア効果や美白効果を期待できるクリームで、悪い口コミをあまり見かけません。

しかし、肌質によっては合わないこともあるようですので、敏感肌などで購入をためらっている方は、公式オンラインショップに記載されている電話番号から相談してみると良いでしょう。

また、このクリームはシミ予防効果を期待できるものであって、できているシミに対してはあまり改善効果を期待できません。

これを知らずに購入するとがっかりすることにもなりかねませんので、購入を検討している方は、まずはこのクリームに配合されている成分の効果をきちんと理解しておくことが大切です。